忍者ブログ

恫喝訴訟(SLAPP: Strategic Lawsuit Against Public Participation)は企業や団体が自らに都合の悪い批判意見や反対運動を封殺するために起こす訴訟である。都合の悪い意見や批判を封じるための嫌がらせを目的とした裁判である。高額の賠償金が請求されることが多い。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『女の香り』は韓国ドラマのラブストーリーである。コメディの傑作『私の名前はキム・サムスン』のキム・ソナが主演する。冴えない女性ヨンジェと大企業の御曹司ジウク(イ・ドンウク)のラブストーリーという枠組みは同じであるが、難病を抱える『女の香り』の方が深刻である。

近年は韓国が国際社会で元気である。製造業ではサムソンやヒュンダイなど家電メーカーのサムソンや自動車メーカーのヒュンダイなど、コストだけでなく品質やブランド力でも日本企業は追い詰められている(林田力「日本はインフラ輸出に注力すべきか」PJニュース2012年3月16日)。文化面でも韓流が席巻している(林田力「勢いに乗る韓流(上)」PJニュース2010年11月10日)。

米国の小説では「黒人男、白人女、ヒスパニック、そして韓国系のいずれもパートナーの面々が、事務所が人種面での寛容性や男女平等に向けて努力していることを語った」という表現がある(ジョン・グリシャム著、白石朗訳『アソシエイト上』新潮文庫、2010年、287頁)。黒人、白人、ヒスパニックと並ぶ存在として、アジア系の代表格として韓国系が例示されている。

韓国の国際的競争力の強さは韓国社会のグローバリゼーションへの対応が背景にある。『女の香り』でもヒロインが怒らせてしまうVIPをムスリムと設定し、ハラール認証付の鶏肉を用意するなど社会の多様性を反映している。マイノリティを正面から扱う社会はドラマではなく、一般向けの娯楽ドラマで本筋と異なることで自然にマイノリティを描くことは、まだまだ日本のドラマでは乏しい。このようなところにも日韓の差が現れている。

印象的な俳優は財閥令嬢のイム・セギョン役のソ・ヒョリムである。世界的なホテルチェーンを保有する財閥家の娘である。キャラクターにヒロインの恋敵的な存在になるがいる。ヒロインを見下す嫌な役どころであるが、大きな目が印象的である。ステレオタイプな心の貧しい金持ち像に収まらない。目が表情の重要な要素であることを再確認した。(林田力)
http://www.hayariki.net/6/4.htm
PR
東急グループの歴史捏造・韓流ゴリ押し体質が批判されている。東急百貨店や東急ストア、東急ハンズの東急不買運動や東急電鉄の不利用運動の呼びかけもなされている。

第一に東急百貨店による「和紙の起源は韓国」との歴史捏造である。東急百貨店たまプラーザ店ではコリアンハンドメイド展を開催する。その企画を紹介した新聞折り込み広告に「日本の和紙のルーツである韓紙」と記載されていた。

東急百貨店は批判を受けて以下の謝罪文を公表した。「たまプラーザ店の新聞折込広告(3月29日号)に掲載した『コリアンハンドメイド展』の紹介文の一部に、文献などによる根拠がないまま掲載した記述がございました。大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申しあげます。」(東急百貨店「お詫び」2012年3月29日)

東急百貨店の「お詫び」に対しては、「何が問題か書いていない点で卑怯なやり方」と批判されている(「東急百貨店が『和紙の起源は韓国』と無根拠に主張して謝罪」探偵ファイル高橋の最強ネットウォッチ2012年3月31日)。

これは東急不動産だまし売り裁判における東急リバブル・東急不動産の「お詫び」と同じである。東急不動産(販売代理:東急リバブル)は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。この件について、東急リバブルと東急不動産は2007年10月に自社のウェブサイトに「お詫び」を掲載した。

東急不動産「弊社が平成15年に江東区内で販売致しましたマンションにおきまして、北側隣地の建築計画に関する説明不足の為にご購入者にご迷惑をおかけした件がございました。本件を踏まえまして社内体制を整え、再発防止及びお客様へのより一層のサービス提供を行なってまいる所存でございます。」

東急リバブル「弊社が平成15年に江東区内で販売代理した新築マンションにつきまして、北側隣地の建築計画に関する説明不足の為にご購入者にご迷惑をおかけした件がございました。本件を踏まえまして、不動産取引における紛争の未然防止を再徹底し、お客様へのより一層の質の高いサービスを提供していけるよう、努力して行く所存でございます。」

これらの「お詫び」はマンション販売時の不利益事実不告知のみならず、その後の不誠実な対応が「迷惑」を増大させたことについての反省が見られない。東急リバブル・東急不動産とも被害者の損害回復については言及せず、紛争の未然防止・再発防止ともっともらしく謳いあげているが、具体的な内容は記載されていないため、論評には値しない(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、98頁)。「お詫び」での卑怯な体質は東急グループで共通する。

第二に東急ストアの韓国食品推しである。買い物客には「最近急激に韓国、韓国って韓国推しに韓国産三昧になってきたから、急に嫌気がさしてきたわ。もうカードもやめようかしら」との声も出ている。

東急ストアは韓国農水産食品流通公社と韓国の農作物や食品の供給を受ける業務協約を締結したと3月6日に発表している。東急ストアは97店舗を運営するが、そのうち20店舗に韓国食品専用コーナーを持ち、年内に40店舗まで拡大する計画という(「日本へ進出する韓国の食品、スーパーに韓国食品専用コーナーも」サーチナ2012年3月6日)。

第三に渋谷109のKARA捏造報道である。K-POP女性グループKARAは東急・渋谷109(SHIBUYA109)前で2010年8月にサプライズライブを開催したが、「渋谷パニック!KARAライブに3000人」などと報道された。これが捏造であると批判されている。何故ならば渋谷109のエレベーターホール前に3000人も集まれるはずがないためである。

渋谷109に対して「渋谷109の前に、KARAのライブで3000人と報道されています。この広さで、3000人も集められるはずかないのにどうして嘘の報道を?」と質問した人がいる。これに対して東急側は「イベントの場所を貸しただけ。東急とは一切関係も責任ない。場所を貸しただけ」との無責任な返事であった。「責任逃れがひどかった」との感想を述べている。東急不動産だまし売り裁判と同じ無責任体質である。

渋谷109はK-POP女性グループの少女時代やAFTERSCHOOLをCMに起用している。また、2009年11月には農心の辛ラーメンのプロモーションにイベントスペースを提供する。消費者からは「渋谷109のせいで、渋谷は捏造の街にされてしまった」「渋谷が気味悪いことになっていくのは、東急が原因のひとつ。最近、もう渋谷に行きたいと思わなくなった」との声が出ている。

第四に東京急行電鉄(東急電鉄)は韓国のソウル特別市都市鉄道公社と、鉄道事業に関する交流と協力を促進する基本合意書に調印した(「ソウル都市鉄道と日本の東急 鉄道事業協力で合意」ソウル聯合ニュース2012年3月13日)。

もともと東急と朝鮮は関係が深い。東急グループの創業者・五島慶太(強盗慶太)は朝鮮で金剛山観光などを手掛けた実業家・久米民之助の娘婿である。しかも、単なる娘婿ではなく、久米の長女、万千代と結婚した際に久米家の祖母の家系で既に廃絶になっていた五島家を再興することになり、五島姓に改姓した。東急グループ二代目の五島昇は久米の孫にあたる。

久米は1918年4月、ソウルから金剛山地域を視察し、1919年12月に金剛山電気鉄道株式会社を創設、初代社長となる。金剛山最高峰の毘盧峰を越える登山道「久米越」を整備し、金剛山地区の開発・観光の振興を目的とした半官半民組織の「金剛山協会」創設に努めた。

東急のゴリ押し捏造に対して東急不買不利用運動の声が高まっている。東急電鉄にはなるべく乗らないようにしたい。もちろん買い物もしないし、周りの人には正確に事実を知らせる。大して用もないのにふらっと東急に立ち寄ることを止めた。買い物は、服や靴は別の百貨店、食品は近所のスーパーにすると語る。
http://hayariki.net/1/37.htm
『ロマンスタウン』は韓国ドラマである。日本では家政婦を主人公とした『家政婦のミタ』が大ヒットしたが、『ロマンスタウン』も家政婦のドラマである。一見すると平凡であるが、問題のある一般家庭を舞台とした『家政婦のミタ』に対し、『ロマンスタウン』はセレブな街を舞台として家政婦とイケメン御曹司の恋愛模様を描くロマンティック・コメディである。

主人公スングム(ソン・ユリ)は貧乏と苦労の中で生きてきた。ドラマでは家政婦をせざるを得ない貧富の格差や雇い主の気紛れで解雇されるという厳しい現実を直視する。社会性を持たせながら、コメディとしての明るさを失わない。

その一因は立場の逆転をドラマチックに描く点にある。スングムは宝くじで大金を手に入れたが、それを隠したまま、家政婦として働き続ける。相手役のゴヌは御曹司であるが、ダサい肥満児であった。米国留学後に見違えるようになるが、金銭面では父親の試練によって一文無しにさせられる。

スングムは劇中で「おばさん臭い」と揶揄されているように地味であるが、明るさと健気さが次第に魅力的に見えてくる。『華麗なる遺産』のハン・ヒョジュを彷彿させる。韓国ドラマの元気さを再確認させる作品である。

『ロマンスタウン』は貧困家庭で育ったヒロインが宝くじで一等の百億ウォンに当選し、ハンサムに変貌した御曹司と恋に落ちる。お伽話のような展開であったが、後半は泥沼化する。

一番街のセレブも、それぞれに深刻な問題を抱え、金持ちから転落していく。一番の金持ちが元ヤクザという底の浅さである。金持ちと対比される家政婦連中も浅ましい。冒頭の少額の当選金の配分でも醜い争いを演じており、予想できたことであるが、予想以上の醜い争いが展開される。

キム・ヨンヒ(キム・ミンジュン)の台詞にあるように、金持ちにも金に汚い家政婦達にもウンザリである。だまされることが容易に予想される状況で、予想通りにだまされる展開はイライラさせられる。ステレオタイプでも心の貧しい金持ちと心の豊かな貧乏人という分かりやすい構図が物語には大切であると実感する。それ故に家政婦が金持ちに復讐するという展開になると面白くなる。散々浅ましさを見せつけられた家政婦仲間と示談してしまう展開も、金持ちへの復讐のための共同ならば理解できる。

そして宝くじと当選金の引き替えでは金持ちの嫌らしさを見せつける。相手の尊厳を無視し、自分の要求を全て押し通さなければ気が済まない。しかも自分の約束は少しも守らない。
http://hayariki.net/drama.htm#3
東急不動産(販売代理:東急リバブル)が不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした東急不動産だまし売り裁判でも、東急不動産はマンションだまし売りで売買代金の返還を余儀なくされた。しかし、東急不動産は売買代金を返還する時期になると、登記について当初の条件とは異なる内容を要求した。マンションだまし売り被害者の林田力が当然のことながら拒否すると卑劣にも売買代金の返還を拒否した。林田力は屈服せず、最終的に当初の条件で支払いを余儀なくされたが、東急不動産の卑劣さを強く印象付けた(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、93頁)。この経験があるためにドラマでの金持ちの卑劣さへの憤りは共感できる。
期 間:4月~10月(毎月1回)18:30開場、19:00~【入場無料】
場 所:韓国文化院ハンマダンホール
 4/25「在日文化の現状」
     梁石日(ヤンソギル)さん(聞き手/スッカラ主幹 郭充良(クァクチュンリャン)さん)
 5/23「韓国地方の旅?文化も人情もホンモノは田舎にこそあり?」黒田福美さん
 6/27「韓国の味を読み解く」平松洋子さん
 7/25「私のパワースポット韓国」中上紀さん
 8/29「映画製作者にとっての韓国映画」大鶴義丹さん
 9/19「四百年の時空」十五代 沈壽官さん
10/24「日本人の韓国朝鮮観、新聞の見た韓半島」桜井泉さん
主 催:駐日韓国大使館韓国文化院 
企画協力:スッカラ
http://yaplog.jp/hayariki/
『私に嘘をついてみて』はカン・ジファンとユン・ウネを主演する韓国ドラマである。恋敵への見栄でついた嘘が元で、偽装夫婦になってしまった男女のロマンチックコメディである。ユン・ウネが演じるヒロインのコン・アジョンは公務員で、恋の相手はホテルのオーナーである。ウネは『宮 -Love in Palace』や『お嬢さまをお願い!』でも格差カップルを演じている。『宮』で見せた元気さと切なさを味わえる。
http://www.hayariki.net/drama.htm#2
パク・ソヒ著、佐島顕子訳の韓国漫画『らぶきょん LOVE in 景福宮』(新書館)が、2月24日発売の第27巻で完結した。『らぶきょん』は韓国ドラマ『宮 -Love in Palace-』の原作であるが、漫画はドラマとは異なる奥行を見せた。

『らぶきょん』は現代の韓国に皇室が存続していたら、という架空設定でイマドキの女子高生シン・チェギョンが皇太子妃になるというシンデレラ・ストーリーである。ドラマが日本でも放映されるや、『冬のソナタ』など中高年中心であった韓流ブームを少女にまで広げた(林田力「通販でゲットできる! 韓国ドラマのヒロインのファション大考察」日刊サイゾー2011年8月9日)。

原作以上にドラマで知られている作品であるが、原作には原作の味がある。ドラマはラブコメを基調にしながらも、シリアスなシーンではシリアスに徹し、視聴者を泣かせた。これに対して漫画はシリアスなシーンでもギャグや作者の突っ込みが入り、シリアスに徹していない。ドラマに感動した向きには残念な演出になるが、お涙頂戴で安易な人気取りを目指さない作品の芯の強さが存在する。

ストーリーはドラマ以上に深刻である。皇太子夫妻は完全に破局し、離婚する。一般人に戻ったチェギョンには新しい彼氏もできる。これが最終巻の開始した状況である。愛する二人をもってしても、皇室という制度が高い壁となっている。シンデレラ・ストーリーで終わらない、社会の壁にぶつかって葛藤する現代女性の物語になった。

ドラマでは渋い父親になっている皇帝であるが、漫画では若作りで、アイドル好きという属性もある。チェギョンとシン王子、ユル王子、ミン・ヒョリンら若者中心の物語であったドラマに対し、漫画では皇帝が義姉との愛憎入り混じる対決に主体的に関わり、皇帝と皇后の物語にもなっている。

ドラマでは最後に改心して身を引くというステレオタイプな悪役のユル王子母子であったが、マンガでは過去の罪を直視しながらも、ふてぶてしさを保っている。このポジションは珍しい存在である。一般に敵役は過去を反省せずに悪事を繰り返す悪人か、罪を認めて主人公の信奉者に豹変する節操なしに二極化する傾向がある。

ドラマでは人気歌手のキム・ジョンフンが演じ、シン王子派とユル王子派に人気を二分するほどの人気があったユル王子であったが、ユル王子派からすればユル王子が可哀想すぎて救われない展開であった。マンガでもユル王子のラストは自意識過剰すぎて別の意味で可哀想であるが、その自信と明るさは救いである。(林田力)
http://hayariki.net/manga.htm#2
  
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/04 walmart pharmacy price check]
[09/16 Obserge]
[09/13 Obserge]
最新TB
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- 林田力 SLAPP対策 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]