忍者ブログ

恫喝訴訟(SLAPP: Strategic Lawsuit Against Public Participation)は企業や団体が自らに都合の悪い批判意見や反対運動を封殺するために起こす訴訟である。都合の悪い意見や批判を封じるための嫌がらせを目的とした裁判である。高額の賠償金が請求されることが多い。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本書(キム・ヨンヒョン著、根本理恵訳『大長今テジャングム 上中下巻』角川書店、2006年。下巻のみ2007年)は大ヒット韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』のノベライズ版の上巻である。
過去の因縁をテーマにした韓国の歴史ドラマの王道を歩む作品である。過去を水に流すことを是とする日本社会の浅はかさとは大きく異なる特徴である。さらに歴史ドラマに料理という要素が加わった。脚本が小説化されたために(笑)という表現が目に付く。小説の雰囲気は損なわれるが、陰謀渦巻く宮廷という暗い雰囲気になりがちな作品のカンフル剤になっている。

現代にも通じる料理対決

中巻では、水刺間(スラッカン)の最高尚宮の座を賭けたハン尚宮とチェ尚宮の料理対決が繰り広げられる。『宮廷女官チャングムの誓い』は時代劇であるが、現代的な料理ドラマとしても通用する内容が込められている。たとえば明国の使者に豪華な満漢全席でもてなそうとしたチェ尚宮と、糖尿病である使者の健康を考えて野菜料理を出したチャングムの差である。チャングムは以下のように主張する。
「消渇(糖尿病)に重要なのは、煎じ薬ではありません。お食事に気を遣わなければ、百薬が無効になってしまう病気です。」(69頁)
チェ・サングン側は使者は薬を飲んでいるから脂っこい物を食べても問題ないと開き直るが、現代でも糖尿病は食事療法が基本である。

復讐貫徹の清々しさ

大ヒット韓国ドラマ・宮廷女官チャングムの誓いのノベライズ下巻である。下巻では追放されたチャングムが復讐心を胸に秘め、医女となって宮廷に戻ってくる。チャングムの前にはチェ尚宮や最高尚宮になったグミョンに加え、新たに先輩医女も壁として立ちふさがる。医者としての倫理を貫きながら、復讐を貫徹したチャングムが清々しい。チャングムの以下の発言には、過去を水に流すことを是とする非歴史的な民族には欠ける含蓄がある。
「反省というのは自分の行動に責任を持つことです。そして、自分の行いが間違っていたことを悟り、その過ちに対する償いをしたうえで、今後二度とそのような行いをしないことなのです。持っているものを何ひとつ失わず、過ちを何ひとつ世の中に明かさず、どうして許しが請えるというのですか。」(下巻257頁以下)
また、ドラマでは守旧派の妨害という形で機能するが、臣下の意見書によって、国王といえども自由に政策を断行できない朝鮮王朝の仕組みも興味深い。アジア随一の共和制先進国となった韓国の民主主義の土壌は前近代から存在していた。(林田力)
http://www.hayariki.net/futako/111119sympo.html
林田力 の書評
http://www.honzuki.jp/user/homepage/no2431/index.html
林田力「TPP交渉参加に反対する街頭演説会」PJニュース2011年11月8日
http://www.pjnews.net/news/794/20111106_2
林田力「真相JAPANがTPPの問題に迫る勉強会開催」PJニュース2011年11月9日
http://www.pjnews.net/news/794/20111108_3
PR
ソウル市は2010年に世界デザイン連盟が選定した「世界デザイン首都」になる。コンセプトは緑、水、歴史である。東京からは約2時間の距離にある。羽田空港からも成田空港からも直行便がある。
光化門広場はソウル中心部にある。広場は幅34メートル、長さ550メートル。大動脈の16車線道路のうち、中央6車線を潰して憩いの空間を創出した。広場の両側には1392年の朝鮮建国から毎年の出来事を底石に刻んだ「歴史水路」がある。豊臣秀吉の侵略軍と戦った国民的英雄の李舜臣(イスンシン)やハングルを制定した世宗(セジヨン)の像も立つ。
南山(ナムサン)地区にはソウルタワーや「愛の鍵」の広場がある。「愛の鍵」の広場はカップルが互いの南京錠を金網フェンスにくくり付けるデートスポットである。夜景も美しい。
弘大(ホンデ)地区は芸術・美術系の大学である弘益大学を中心とした街である。おしゃれなカフェや雑貨店が並ぶ。ドラマ『コーヒープリンス1号店』のロケで使用されたカフェもある。
ソウルでは再開発をめぐる腐敗も起きている。ソウル西部地方検察庁は2009年に再開発事業の不正事件をもみけすとして、組合長から数億ウォンを受け取った疑いで現職の警察官・パク容疑者を逮捕した。
パク容疑者は2004年、ソウル麻浦区で再開発組合長のユさんの開発関連の告訴事件を処理する代価として3000万ウォン余を受け取るなど、総10回にわたって2億2000万ウォン余を受け取った疑いである。
http://hayariki.zero-yen.com/hanliu.html
TPPによる日本再占領と崩壊する世界秩序に立ち向かう知恵
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/1669088.html
真相JAPAN 第四回勉強会「TPPによる日本再占領と崩壊する世界秩序に立ち向かう知恵」林田力氏によるレポートです。
http://blog.livedoor.jp/takutaku2946/archives/51783644.html
林田力『こうして勝った』twpro (ツイプロ)
http://twpro.jp/hayachikara
清渓川は韓国ソウル特別市の中心部を西から東に流れる全長約8kmの川である。仁王山や白岳山南部、南山北部の山麓に端を発し、東大門(トンデムン)近辺で南下し、漢江に合流する。古くから住民の生活河川であったが、1970年代に住民を強制移住させて暗渠とし、暗渠の上に清渓高架道路を通した。2000年代に入ると高架の老朽化も問題とされるようになる。同時に環境にやさしい街づくり、ソウルの歴史と文化の回復という観点から清渓川復元の世論が高まる。
2002年には「清渓川の復元」を公約に掲げたイ・ミョンパク氏がソウル市長選で当選し、復元事業が進められる。「清渓川復元市民委員会の構成及び運営条例」に基づく市民代表と専門家からなる市民委員会も大きな役割を果たした。2005年10月に復元された清渓川はソウルの新名所、市民の憩いの場となっている。清渓川に架けられた多くの橋は歩行者専用となっているため、安心して散策できる。
復元された清渓川はソウル中心部の光化門(クァンファムン)の「清渓広場」を基点とし、鍾路、東大門、馬場洞あたりまでの全長5.8kmである。清渓広場では勢いよく滝が流れている。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B00428QANC
PerfumeのBcL (Baby cruising Love)は名曲です。#prfm
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B000XYQGN8
交響曲第88番ト長調 Hob.I-88『V字』/シンフォニア ニ長調(序曲)Hob.Ia-7 [DVD]
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B002MUQ9YW
『東急不動産だまし売り裁判』TPP反対
http://hayariki.zero-yen.com/poli/tpp.html
2011年 特別企画展Ⅱ 女性たちの糸と針の造形「刺繍ポジャギとチョガッポ展」~11月6日(日)
2011年冬季コレクション名品展「朝鮮陶磁の美」
期 間:11月12日(土)~12月24日(土)、2012年1月7日(土)~29日(日)
主 催:高麗美術館
http://www.hayariki.net/hayachikara.htm
http://hayariki.or-hell.com/Entry/11/
SENZ Umbrellas センズ アンブレラ XL ブラック SZ-003BK
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B002JCWWKI
センズ(SENZ) アンブレラミニ レッド
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B001GR8HVU
『タムナ~Love the Island』は朝鮮王朝時代の済州島(チェジュド)を舞台とした韓国ドラマ時代劇である。タムナは済州島の古称である。済州島は温暖な気候と豊かな自然に恵まれた、韓国の最南端に位置する島である。漂着したオランダ人青年を海女が助けるという異文化交流の要素もあるドラマである。
かつてタムナは独立国であったが、朝鮮王朝時代は辺境に組み入れられ、流刑地とされた。この歴史的経緯や南国的な雰囲気は日本における沖縄に類似する。興味深い点はドラマではタムナ独立を画策する側が悪玉であることである。ヤマトの侵略と圧制に苦しめられた琉球に置き換えたならば歴史歪曲作品になってしまう筋書きである。国が人民を守るという意識が少なくとも建て前として存在するコリアと、人民を支配するだけの日本の差が現れている。
http://www.hayariki.net/futako/rise101023.html
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』のインタビュー
http://theinterviews.jp/hayachikara
安くてボリューム満点の渋谷のランチ
http://www.hayariki.net/cul/food.htm
林田力「世田谷区が実施計画・行政経営改革計画にパブコメ募集」PJニュース2011年10月25日
http://www.pjnews.net/news/794/20111023_1

『ベートーベン・ウイルス』は毒舌の指揮者カン・マエ(キム・ミョンミン)率いるオーケストラを舞台とした韓国ドラマである。クラシック・ブームを引き起こした点は日本の『のだめカンタービレ』を連想する。音楽に打ち込む浮き世離れした人々を明るく描いた『のだめ』に対し、『ベートーベン・ウイルス』は生活や健康という音楽家の抱える深刻な問題も扱う。それでも暗くならない点に韓国社会の元気の良さが感じられる。(林田力)
http://profile.ninja.co.jp/hayariki
二子玉川ライズ決済文書の一部非開示で意見陳述
http://www.hayariki.net/109rise.html
ふぁぼったー
http://favotter.net/user/hayachikara
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/04 walmart pharmacy price check]
[09/16 Obserge]
[09/13 Obserge]
最新TB
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- 林田力 SLAPP対策 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]