忍者ブログ

恫喝訴訟(SLAPP: Strategic Lawsuit Against Public Participation)は企業や団体が自らに都合の悪い批判意見や反対運動を封殺するために起こす訴訟である。都合の悪い意見や批判を封じるための嫌がらせを目的とした裁判である。高額の賠償金が請求されることが多い。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/11/23 (Wed)
『大長今テジャングム』過去の因縁をテーマにした歴史ドラマ:林田力
本書(キム・ヨンヒョン著、根本理恵訳『大長今テジャングム 上中下巻』角川書店、2006年。下巻のみ2007年)は大ヒット韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』のノベライズ版の上巻である。
過去の因縁をテーマにした韓国の歴史ドラマの王道を歩む作品である。過去を水に流すことを是とする日本社会の浅はかさとは大きく異なる特徴である。さらに歴史ドラマに料理という要素が加わった。脚本が小説化されたために(笑)という表現が目に付く。小説の雰囲気は損なわれるが、陰謀渦巻く宮廷という暗い雰囲気になりがちな作品のカンフル剤になっている。

現代にも通じる料理対決

中巻では、水刺間(スラッカン)の最高尚宮の座を賭けたハン尚宮とチェ尚宮の料理対決が繰り広げられる。『宮廷女官チャングムの誓い』は時代劇であるが、現代的な料理ドラマとしても通用する内容が込められている。たとえば明国の使者に豪華な満漢全席でもてなそうとしたチェ尚宮と、糖尿病である使者の健康を考えて野菜料理を出したチャングムの差である。チャングムは以下のように主張する。
「消渇(糖尿病)に重要なのは、煎じ薬ではありません。お食事に気を遣わなければ、百薬が無効になってしまう病気です。」(69頁)
チェ・サングン側は使者は薬を飲んでいるから脂っこい物を食べても問題ないと開き直るが、現代でも糖尿病は食事療法が基本である。

復讐貫徹の清々しさ

大ヒット韓国ドラマ・宮廷女官チャングムの誓いのノベライズ下巻である。下巻では追放されたチャングムが復讐心を胸に秘め、医女となって宮廷に戻ってくる。チャングムの前にはチェ尚宮や最高尚宮になったグミョンに加え、新たに先輩医女も壁として立ちふさがる。医者としての倫理を貫きながら、復讐を貫徹したチャングムが清々しい。チャングムの以下の発言には、過去を水に流すことを是とする非歴史的な民族には欠ける含蓄がある。
「反省というのは自分の行動に責任を持つことです。そして、自分の行いが間違っていたことを悟り、その過ちに対する償いをしたうえで、今後二度とそのような行いをしないことなのです。持っているものを何ひとつ失わず、過ちを何ひとつ世の中に明かさず、どうして許しが請えるというのですか。」(下巻257頁以下)
また、ドラマでは守旧派の妨害という形で機能するが、臣下の意見書によって、国王といえども自由に政策を断行できない朝鮮王朝の仕組みも興味深い。アジア随一の共和制先進国となった韓国の民主主義の土壌は前近代から存在していた。(林田力)
http://www.hayariki.net/futako/111119sympo.html
林田力 の書評
http://www.honzuki.jp/user/homepage/no2431/index.html
林田力「TPP交渉参加に反対する街頭演説会」PJニュース2011年11月8日
http://www.pjnews.net/news/794/20111106_2
林田力「真相JAPANがTPPの問題に迫る勉強会開催」PJニュース2011年11月9日
http://www.pjnews.net/news/794/20111108_3
PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/04 walmart pharmacy price check]
[09/16 Obserge]
[09/13 Obserge]
最新TB
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- 林田力 SLAPP対策 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]